結婚式に適した服装とご祝儀にまつわるマナー

素直な「おめでとう!」を、心から伝えるための、結婚式の服装とご祝儀のマナー

結婚を素敵なものにして、お祝いの気持ちを伝えるために

結婚式は、久々に友人たちと出会える場所でもあります。 せっかくだから、素敵におしゃれをしていきたい、という女性の方も多いのではないでしょうか。 女性の格好にはドレスやアクセサリー、カバンなど身につけるものが多いのが特長です。 どんな点に気をつければいいのでしょうか、考えてみましょう。

花嫁を引き立てつつ、華やかに

せっかくの結婚式、マナーとか礼儀とか堅苦しく考えないで、楽しみたい!もちろんお祝いの気持ちもちゃんと伝えたいけれど・・・。
そう考えると、マナーに対して苦手意識を持ってしまうかもしれません。

確かに、結婚式といえば、素敵なチャペルで花嫁がウエディングドレスに身を包み、ライスシャワーが降り注ぐ、といった華やかなもの。
CMやドラマなどを見ていると、そんなイメージがわきます。
しかし日本式の結婚式を見ればわかる通り、結婚は儀式の一環、人生の大きな転機でもあります。

こうした二面性をもつ結婚式において、マナーは楽しいイメージと儀式のイメージ、両方の面を守ってくれる、手段の一つと考えることができます。

結婚式のマナーは、華やかで楽しい場をもっと楽しいものにするためのアドバイスであり、同時に多くの人が共有している、お祝いの気持ちを伝える、間違いのない方法でもあります。

服装のマナーを守ることで、結婚式の空気感を華やかにすることができ、幸せな空間作りの手助けをすることができます。
みんなが知っているマナーにのっとってご祝儀を渡せば、素直なお祝いの気持ちをシンプルに伝えることができます。

今回は、結婚式の服装の注意、ご祝儀の金額、ご祝儀袋の選び方・包み方について、まとめてみました。

女性の服装はドレス選びとアクセサリー選びを中心に、男性の服装はスーツ選びと小物選びを主にとりあげています。
ご祝儀の金額の意味は意外なルールについてもまとめてみました。

是非この記事をきっかけに、結婚式のマナーについて、調べてみてください。

スーツだったら何でも平気?本当に?

女性よりもある程度型が決まっていて、選びやすいようにも見える男性の正装ですが、実は隠れた注意点がたくさんあります。 正装の基本であるスーツの種類。 スーツの下に着るシャツの色は? 靴下や靴は大丈夫でしょうか。 ポケットチーフの折り方は? 意外に見落としがちな男性服の注意点に注目です。

金額・袋のマナーが大事、ご祝儀の包み方

お祝いの気持ちで贈るご祝儀袋は、マナーを間違えると、うまく気持ちが伝わらないかもしれません。 金額や袋の選び方、お金の包み方など、気になるポイントはたくさんあります。 どのような点に気をつければ、気持ちのこもったご祝儀を渡すことができるでしょうか。 重要ポイントをまとめてみました。

TOPへもどる