結婚式に適した服装とご祝儀にまつわるマナー

素直な「おめでとう!」を、心から伝えるための、結婚式の服装とご祝儀のマナー

>

結婚を素敵なものにして、お祝いの気持ちを伝えるために

色やスタイル、ドレスのチョイスは慎重に

例えば女性のドレスの場合、花嫁衣装と同じ白色の服、過度な露出、喪服を連想させる全身黒のコーディネート、殺生を連想させるファーや動物柄、毛皮の着用は避けるのがいいでしょう。

さらに細かい厳密なマナーに気をつけたい場合は、以下の点に注意するといいかもしれません。
そこで確認したいのが結婚式のカジュアル具合、場所、結婚式の行われる時間帯、出席する立場、年齢です。

フォーマルな結婚式の場合は、もちろん正礼装のドレスです。
しかし、時間帯によってアフタヌーンドレス・イブニングドレスなど種類が変わります。
上司や友人など、立場が変われば求められる品も異なり、年齢の違いにおいても、20代がフリルやリボンで華を添える服に対して、年齢を重ねるほどに落ち着いた上品さを出すことが求められてきます。

自分の参加する結婚式がどのようなものかを確認し、結婚式に合った服装を選んでみましょう。

小さなところも要注意!小物の選び方

細かなアイテムであまり好まれないものの一つとして、腕時計があります。
これは、時間を気にするのはよくない、という視点から避けられるそうです。

昼間の結婚式においては、光を反射するものを身につけると、写真撮影などで邪魔になってしまうことがあります。
ゴールド、スパンコールなどが使われたバッグ、アクセサリは、夕方から夜にかけての結婚式に限定しましょう。

靴は、露出の観点からつま先がやかかとがあいたものは避けた方がよいでしょう。
ヒールは高さのあるもので、かつ細いものがよいとされているようです。
下には肌色のストッキングを履きましょう。

髪型はセットされたフォーマルなものがよいそうです。
困ったら、美容院に頼るのも手ですね。

意外と忘れがちなネイルですが、親族サイドで出席する場合はネイル自体がNGであるところに注意しましょう。
デザインはシンプルで清楚なものがよいそうです。

小物を上手に使って、素敵に出かけましょう。


この記事をシェアする
TOPへもどる