結婚式に適した服装とご祝儀にまつわるマナー

素直な「おめでとう!」を、心から伝えるための、結婚式の服装とご祝儀のマナー

>

スーツだったら何でも平気?本当に?

そのスーツ、ちょっと待った!

男性なら、結婚式はスーツでしょう、と、安易にリクルートスーツやビジネススーツを選んでいませんか?

結婚式はあくまでフォーマルな場所です。
現実から切り離された場所として、華やかさを演出する必要があります。

男性のフォーマルなスーツには、タキシード、ディレクターズスーツ、ブラックスーツ、ダークスーツなどがあります。
もしスーツで迷うならば、ダークスーツがオススメです。
様々な冠婚葬祭で使える万能なスーツです。

中に着るシャツも、きちんと確認しましょう。
ある程度カジュアルな場所であれば、淡い色つきのシャツでもかまいませんが、無地の白が無難です。
襟についても、カフスボタンが派手なものはふさわしくありません。

どうしてもリクルートスーツやビジネススーツで行かなければならないならば、ネクタイやポケットチーフなどで華やかさを出し、普段使いのスーツとは別のものを用意するのがよいでしょう。

忘れてませんか、胸元、足元、スーツの下

中に着るベスト、スーツに合わせるネクタイやポケットチーフ、そして足元の靴にも気配りをしましょう。

ベストは夏場には特に重宝できるアイテムです。
半袖のシャツや上着を脱いでのシャツ一枚はマナー違反ですが、ベストがあれば、上着を脱いでもマナーを守ることができます。

ネクタイは白、というのが定番でしたが、最近では年配者の方がつけるというイメージから、シルバーグレーなどで色をつける方もいらっしゃるようです。
リネン素材はパリッとかっこよく決めさせてくれます。

ポケットチーフは白が基本ですが、ネクタイと色を合わせれば問題ないでしょう。
折方はスリーピークスという三つ折りの方法が一般的なようです。

靴はストレートチップがフォーマルです。
穴飾りなど、飾りのついたものは避けるのが無難です。
靴下は足首が隠れる黒いものにしましょう。

他にもベルトや、カバンについても、おとなしいデザインのものを心がけましょう。


この記事をシェアする
TOPへもどる