結婚式に適した服装とご祝儀にまつわるマナー

素直な「おめでとう!」を、心から伝えるための、結婚式の服装とご祝儀のマナー

>

金額・袋のマナーが大事、ご祝儀の包み方

中にいれるお札事情

ご祝儀でまず最初に思い浮かぶのが金額の問題です。
ご祝儀を出す人間の立場、数字の意味、ご祝儀を送るタイミングの三つに分けて考えてみましょう。

まず、未成年の場合は1万円が相場となっています。
親が子供の分を上乗せしてご祝儀を包む場合が多いそうです。
友人・知人・同僚などなら3万円が相場です。
親族は5万円〜10万円など、高額になってきます。

数字の意味合いとしては、割り切れる偶数や4,9の数字を避ける、8は末広がりでよい、というのは有名です。
一方で、二桁なら偶数でもよい、カップルをイメージできる2が望ましい、など、意外なマナーも存在しているようです。
是非確認しましょう。

最後にご祝儀を送るタイミングです。
式は欠席でご祝儀を郵送する場合は事前に1万円を。
キャンセルの場合には金額の半分か三分の一の現金か祝いの品を。
当日の急な欠席なら、本来包む予定だったものと同金額をお詫びと共に送るのがよいようです。

意外と細かい、袋の選び方、書き方、渡し方

ご祝儀袋にもたくさんのマナーがあります。
ここでは、ポイントのみを抜き出してまとめてみました。

ご祝儀袋は結び切りの水切りのものを選びましょう。
袋は金額に応じて、高額にするほど高価なものを、低い金額の場合はコストを抑えて入れましょう。
デザインは、新郎新婦との関係性にふさわしいものがよいでしょう。

袋の表には、送る側の名前をフルネームで書きます。
人数などにより書き方が異なるので、注意しましょう。
中袋にも表に金額、裏に送る側の名前・住所を記載します。

お札は折れていない新札を用意し、開けた時、肖像画が最初に出てくるよう揃えます。
このとき、中袋には糊付けしません。

表書きの文字が入った短冊は、きちんと重ねておきましょう。
最後に、ご祝儀袋の上向きに折り返されている方を表に重ねて、水引を通します。

最後はふくさで包み、結婚式場の受付に渡します。
ふくさの包み方にも作法があるので注意が必要です。


この記事をシェアする
TOPへもどる